チョコを食べるとニキビができる理由

ニキビが出来やすい人は日々の食生活にも気をつけているものですが、それでもチョコを始めとした甘いものや自分の好物をみると我慢が出来ずに食べてしまう事も多いのではないでしょうか。好きなものが食べられないと余計にストレスにはなってしまうのですが、昔からよくチョコを食べるとニキビができやすいということで気にしている人もたくさんいます。

なぜ食べるとできてしまうのかはいろんな理由があります。まずニキビができる原因には皮脂の分泌がありますし、それが毛穴を詰まらせて発生させてしまうのです。その為、できる限り原因になるような食べ物は避けた方がよいのです。チョコは美味しいですが、脂質もたっぷり含まれています。さらには味を調えるために砂糖もたっぷりと入っているので、これがさらに肌への悪影響となるのです。

ただし、全てのチョコがニキビの原因となるのではありません。市販されているものでもいろんなメーカーがたくさんの種類を販売しています。購入前にはまずパッケージを見て成分や材料などを確認して行きましょう。チョコにはポリフェノールなどの良い成分も含まれていますが、これには食物繊維やカルシウム、亜鉛や鉄分などの女性が聞けば嬉しくなるようなアンチエイジングにもよい成分です。

お店に出かければ魅力的なものがたくさん見つかりますから、つい手に取ってしまいがちです。なるべく脂質や糖分がカットされているものを選んで食べるなどの工夫をしてみましょう。カカオ成分の配合が多いものなどもチョイスしてみるといいでしょう。いつもと同じお気に入りのチョコがあるのであれば、その場合には食べる回数を減らすようにして、食べ過ぎないようにしてみて下さい。

日々食べているものに自分の肌に影響します。チョコだけがニキビを作るわけではありませんが、甘いものが好きでコンビニなどによるといつの間にか購入してしまっているという人は、少し気をつけてみるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>