熱中症には水かスポーツドリンクのどっちがいいのか?

熱中症は屋内や屋外を問わず、高温や多湿の状態が続くと起こる症状です。人間の身体は、水分が半分以上を占めており、発汗などを行うことで体温を調節するようになっていますが、脱水の状態に陥ると汗をかくこともできずに熱中症となります。また、血液中には塩分であるナトリウムが含まれ、このミネラルによって身体中の水分調整を行うようになっていますが、汗と共に排出されるため、多量の発汗による水分をナトリウムの消失は熱中症の原因になります。夏の炎天下では動かずにいるだけで汗をかきやすい環境にあり、日差しを受ける長時間の行動は水分が不足しやすい状況となります。

特に普段から水分を補給していない人や、屋外の労働をしている人は熱中症に陥りやすいため、普段からしっかりと水分補給をしておくことが大切です。スポーツ選手は水分補給にスポーツドリンクを準備していますが、これは発汗によって失われたナトリウムを補給するために利用しているためです。スポーツドリンクにはナトリウムの他にアミノ酸などの栄養素も含まれ、カロリーがあるため運動による消費を補うことができるようになっています。軽い運動や入浴、動き回ることで発汗して水分が足りない場合にはスポーツドリンクで水分補給をするのが理に適っていると言えます。対する水ですが、スポーツドリンクのように不純物のない濃度の薄い水分であることから、吸収率が良く水分を補給するという点に関しては理に適っている方法です。

そのため、屋内で汗をかかずに熱中症にかかるような場合は、スポーツドリンクよりも水による補給が良いということになります。ナトリウムの補給は通常の食事からでも十分に摂取できているので、よほど汗をかかない限りは問題ありません。また、熱中症には冷えた飲み物と思われがちですが、胃の中に入った水分は体温と同じ程度の温度でないと効果的に吸収できなくなるので、常温か少し冷えた程度の飲み物を摂取するのが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>